みえない手紙

 

 

今日は、「悲しみよりひそかに」の確認の後、「見えない手紙」を練習しました。

半音を始めから高めに取るようにしましょう。

 

ただ音を歌うのではなく、歌詞をよく読んで伝えるように。

母音で響きが変わらないように

よそのパートと同じになる音を大きくならないように注意する

 

60小節 遅くならない

78小節 「ゆ」の音にテヌート
F  別のところから
posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

虹のこんさあと

 

 

今日は、虹のこんさあとお疲れさまでした。

 

6月の杉並公会堂大ホールでの演奏以来の本番だったので、リハでは指揮者との距離の近さに戸惑いましたが、本番では落ち着いて歌えたように思います。杉並公会堂に慣れているというのにもびっくりでしたが汗

でも、川口リリアはやっぱり歌いやすいホールですね。

早速、明日からまた練習ですが、新曲に向けて気持ちも新たによろしくお願いいたしますうふ

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

来週は虹のこんさあと

来週はいよいよ虹のこんさあとにじです

急に寒くなってきたので、体調に気をつけましょううふ

 

このみち

 

出だし 明るい希望を持って

会場に合わせて声を調節する

13-14小節 ソプラノ音程注意

16小節 「あろうよ」3連符のテヌート 丁寧に

24小節 「あろうよ」の三善アクセントも 更に大切に

「さびしそうなかかしよ」中だるみするので、長い音符を前に持っていく

「を」[ wo] 「ゆ」 [iyu] など注意

 

 

あいたくて

 

30小節 続きで行かない 「おつかいの」「つ」で進む

34小節 ソプラノ ブレスして「くれて→いる」減衰しないで「いる」に入る

54小節 「それを」会場に響きが回っていくように

78小節「あいたくて」一緒の「く」を小さく優しくその尻尾で「だからだから」小さく

83小節 ソプラノだけが聞こえる時間があるように

 

 

悲しみのようにひそかに

 

35-36  アルト リズムに注意

「立ち去ろうとする」喋る t を用意して弾くだけ 一つに

「夏は去った」「去った」が大きくならない

最後のハミング 力を抜いて ピアノの響きに合わせる

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

あいたくて

 

今日は、虹こんの曲3曲を通してみました。

3曲続けて歌うと、あちこちボロボロしますあせ

全体的には子音を立てて

 

 

このみち

 

言葉を伝える 子音をはっきり

 

 

あいたくて

 

29小節 「いつ」アルトのテヌートは丁寧に一つに  34小節は一つずつ

31小節 ソプラノ「ま」の音 それぞれ確認しましょう

32小節 指揮を見て

33小節 「と」同じ音

35小節 ソプラノ「て」を引っ張って「い」に入る 「い」の音確認注意

 

 

61小節 「だから」デクレッシェンドした「ら」が同じ音なので気をつけて小さく やわらかく 粘る

62小節 「くuuuて」「く」が浮かび上がるように「く」から「て」が生まれる

67小節 メゾ「くて」あたりから下がらないように メゾ下 68小節 ファの音の入り方注意

 

 

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

悲しみのようにひそかに

 

 

悲しみのようにひそかに

 

詩を読んでみる

読んで聴かせられる読み方を練習する

 

23小節〜 平たく渦を巻くように

30小節〜 前に進む

39小節〜 和音を作る 同じ音で下がらないように

 

子音が聞こえるように

 

 

このみち

 

明るく

語尾の音を十分伸ばす

「なにかなにか」一つで

「このみちのさきには→なにかなにか→あろうよ」減衰しない

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

あいたくて

 

みえない手紙

 

P9 音取りをしました

  音取りから歌い方を考える

 

あいたくて

 

P18   宿題の限定5組 1パート1人ずつ歌って、確認しました。

   ドキドキしましたねうふ

 

76小節 同じ音を配慮して

 

P16-17 伸ばす音が語尾なのを意識する

66小節の「だから」まで前に 落ち着かない

 

P18「だから」をお腹で支えて一つに

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

あいたくて

 

 

今日もお疲れさまでしたうふ

 

 

あいたくて

 

10小節 ドの音高くDocomo102

P15〜 「それでも手の中に」と歌う 母音を同じところで

     同じ音を大きくしない

61小節 3拍目 指揮を見る

62小節 テンポを緩めない  メゾ 音を保つ 中を埋めてソプラノを受ける

64 小節 はまだmpで。それからクレッシェンドする。

P18      ハミングは m で

70小節〜 縦の線を合わせる

73小節  メゾ ドに上がる音高くDocomo102

 

 

悲しみのようにひそかに

 

P30  アルトソロ 力を抜いて 開くように 滔々と

「ひそかに」「か」を高くDocomo102

51小節 「美の」テヌート

メゾ シ、ド、レ 辺りの音を高く

語尾で同じ音になるところ意識して高く

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

みえない手紙

 

今日も練習お疲れさまでした。

「みえない手紙」の音取りをしました。来週は最後まで見ておきましょう。

 

悲しみのようにひそかに

 

21小節 「蒸留された」「た」の音を十分伸ばす

34-36小節 指揮をよく見て合わせましょう

45小節 「つばさもなく」「く」の音 短くならないように

アルト 長い音をしっかり保つ 51-52小節 ノンブレスで 

 

 

このみち

 

出だし 母音の質を変えないで一つに聞こえるように

21小節から前に 25小節で落ち着かないように

実体のある歌にしていく

 

 

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

夏休み明けの練習

 

このみち

 

「おおきなもりがあろうよ」大きなレガートで 「よ」たっぷり伸ばす

「このみちをゆこうよ」も同じ

13-14小節「さきには」開く

36小節 クレッシェンドして入る

 

悲しみのようにひそかに

 

3連符 スタスタ行かない

「とおくはじまった」ソプラノ喋る

メゾはどろっと 「ような」「な」しっかり

「ひきこもった」静謐に

 

 

その他「あいたくて」を練習しました。

「見えない手紙」の音取りをしました。次回は62小節まで宿題です。

 

 

 

 

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

来週は夏休み

 

今日は、夏休み前の練習となりました。

奥先生に「悲しみのようにひそかに」の音程を丁寧にみていただきました♪

次回の練習まで忘れないで、美しくフレーズを歌いたいですね。

 

今日は、盛りだくさんで、虹こんの衣装合わせに続いて、団内バザーもありました。

 

千早のホームページを新しくしました。

演奏会の写真も載せましたので、是非ご覧くださいうふ

 

https://choruschihaya.jimdo.com

 

それでは皆さん、楽しい夏休みをお過ごし下さいねハート

posted by: 女声合唱団千早 | 練習日記 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |